脇の黒ずみや色素沈着を改善して、透明感のある素肌に。お手入れを続ければ肌はどんどんきれいになります。

ムダ毛の

脇の黒ずみの悩み

きれいな白い素肌は女性男性問わずうっとりするもの。 せっかくきれいになりたいために、毛を抜いたり剃ったりしていたのに、いつの間にかく肌が黒ずんで余計に悩みが増えてしまった、といったことがあります。

特に女性のムダ毛の悩みで多い脇の下。 結構この脇の下の黒ずみに悩んでる人は多いようです。原因は長い間続けてきた自己処理。脱毛クリームやカミソリ、毛抜きといったものを使用し続け、いつの間にか茶色いような色素沈着がおこり、毛よりもそっちの方が気になって仕方ないという人もいるようです。

この茶色くなってしまった黒ずみや色素沈着は改善するのでしょうか? 答えは、「放っておいては改善しない」ということです。

長年自己処理を行ってきた脇の下のお肌はとても傷んでます。 脇の下の肌も顔と同じようにお手入れをしてあげることが必要です。 たっぷりと潤いをあて、お肌をいたわってあげましょう。

肌をクリアな透明感へと導くコスメを使用することで、黒ずんだ肌は蘇ってきます。 今すぐ初めて、赤ちゃんの頃のような素肌を取り戻しましょう。

脇のぶつぶつ

脇の下の黒ずみ、色素沈着の悩みの次に多いのが、脇の下のブツブツやぽつぽつ毛穴です。黒ずみもあるしブツブツもあるし両方の悩みを抱えてる女性も多いようです。 このブツブツも、自己処理が原因と考えられます。
特にブツブツは毛抜き脱毛を続けてきた人に多く見られるようです。

ひどい場合は、ポツンと毛穴が盛り上がった状態になり、毛が毛穴に埋もれて、ほじくらないとでて来ないといった最悪な状態を引き起こしてしまいます。
こういった状態になった場合は、決してほじくってはいけません。むだ毛を抑制するパイナップル豆乳ローションなどを塗ることで、自然に毛がでてきます。
すぐにどうにかしたい場合は、皮膚科などで毛を出してもらいましょう。

そして今日からすぐに、毛抜き使用をやめることです。
毛抜きはブツブツをひどくさせる一方です。

できるならサロンなどで脱毛してもらうことが一番いいですが、どうしても家で処理をしなければならない場合は、電気シェーバーなどを使用することが好ましいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ